あなたにぴったりのキッチンリフォーム

今のままで大丈夫?

動線は確保できてる?

家事をする中で、最も時間を取られるのが食事に関する事ではないでしょうか。
食事に手を抜くのはイヤ、でも時間は短縮できるに越したことはないですよね。
だからこそ、リフォームしスムーズな動線を確保する事で、おいしいご飯を短い時間で作ることが出来ます。
逆に、動線を無視してデザインのみを重視してしまうと、せっかくキッチンが綺麗になっても、無駄な動きが増えて、ただただ疲れてしまいます。
キッチンでの作業の中で、料理手順に沿って動けるような動線を作っていけると作業効率が上がりますよね。
例えば、「冷蔵庫から作業台・シンクへ、そして加熱調理し、盛り付けをし食卓へ」となるのが一般的でしょうか。
食卓への流れ等、キッチン以外の配置も考慮していく必要があります。

家具や家電の配置

どうしても、今見えているもので配置やサイズを考えてしましますが、冷蔵庫などの電化製品は、ほとんどの場合買い替える可能性が高いですよね。
今のサイズぴったりに作ってしまうと、大きな家電製品が欲しくなった時、どうにもなりません。
また、おしゃれな埋め込み型にしたい!なんて事もでてくるかもしれません。
埋め込み型の場合は、後から外したりできませんから、よくよく考える必要がありそうです。
家族構成も含め、家電の配置場所も余裕を持っておくといいでしょう。
食器棚等の家具類はキッチンに合わせてリフォームする場合も多くありますが、そのまま据え置く場合もあるでしょう。
どちらの条件にしても、キッチンばかりに目が行って、作業する人の場所が不足しないよう、スペースの確保を忘れずに!